カートをみる ご利用案内 お問い合せ 御要望と御意見 サイトマップ
RSS

 魅力あふれる水晶や鉱物の世界からパワーストーンに至るまで 
 様々な情報とOnly-Oneの世界を貴方にお届けいたします

石の注意報

色つき水晶>

天然水晶(クラスター)に2~3mm再結晶させた色つき水晶が出回り始めました。
色は緑・紫・黄色などです。天然・人工どちらともいえますよね? (^_^;)

モルダバイト

形・厚みがほとんど同じモルダバイトを沢山中国で見ました。
本物かどうかの区別は私には出来ませんでしたが、中国原産モルダヴァイト???
もし製品にされたら見た目の判別は難しい、これからは注意が必要かも、。 (?_?)
もう日本で販売されているとの情報もあります。

アラレ石の今昔

以前異極鉱と名をはせたブルーのアラレ石、これには少し面白い落ちがありまして。
ある業者が原石を水洗いしたところ色落ちしたので、購入先にクレームをつけたところ、
返答は天然で手を加えていませんとの事、彼らは今も言います、天然品だと。

よもやま話

哀れ煙水晶

以前小豆島で、石好きのお宅に伺った時、
此何だか解ると濁色した普通の白水晶を見せられ、返答に窮していると、
これ小豆島産の煙水晶を加熱実験した結果とのご返事。
!!悶絶!! (色の黒(?)きは七難かくす)
皆様はどうお考になられますか?

哀れ第2弾 シトリン編

以前ある地方都市に水晶を見に行った時、偶然にとても素晴らしいシトリンを見つけました。
シトリンは疑ってかかれとの鉄則を忘れたのと、こんな地方都市で、との気のゆるみが失敗の始まり。
サンプルを数本見て200kgほど購入。喜び勇んで各小売店へ安いシトリンいりませんかと売り込み開始、
でも実はこれロシア産の加工シトリン。
大恥と信用無くしエセトリン トホホ トホホ のシトリンでした。お粗末 <(_ _)>

哀れ第3弾 イオウ付き(?)水晶

以前から定期的に購入していた水晶の中に
母岩に黄色い物が、混じるようになり、イオウ分が入るのかと思い
別に気にも止めず、販売していました。
でも置いておくと紙などが変色するので、業者に問い合わすと、
硫酸の残留と付着 え〜〜 と絶句
 (お買い求めのお客様この紙面でお詫び申し上げます) m(_ _)m
この水晶、鉄分が付着し汚い為、濃硫酸で洗っていたのは知っていたのですが、
そこまでは知りませんでした。知らないことが多すぎ。
反省 ^^;

本の紹介

日本の3大ペグマタイト産地
田上地方の鉱物と石川地方の鉱物が発刊されています。
産出鉱物や地形などが記述さら、嬉しいことにカラー写真で鉱物が見られます。
価格一冊 630円 

発行所 中津川市鉱物博物館  tel0573-67-2110

大泉鉱山史

大泉鉱山(山形県朝日村)旧大鳥鉱山の変遷と悲哀が感じられます。

発行所 朝日村 tel0235-53-2111 

尾平鉱山誌

九州を代表する尾平鉱山の自然環境や鉱山史などを記述した郷土史

発行所  緒方町 0974-42-2111

加工品は綺麗

今回販売をさせて頂く煙水晶玉について
とある場所のなじみの店で煙水晶玉を購入しようと思い商品を物色していますと、
その中に色のぬけ悪く傷もあるあきらかに格下と思われる商品を見つけ
価格を聞いてみたところ、高い高い明らに高い
ちょっと立腹ぎみに連呼〜 〜
すると店長自慢げにいわく、こちら天然あちら加工。 (-_-;)
あ〜此買って置いといてもと思いつつ劣悪なほうを購入。
此っていずれ哀れ話に編入するかも ^^;
独り言
この頃煙水晶の玉・ポイント等については天然と加工品との
垣根は低くなってきたように感じられます。
又、判別も見た目ではほとんど区別がつかない為
お客さまも余り気にせずお買い求めの様です。
皆様はいかがお考えですか?

GOLD(金)


かのマルコポーロの東方見聞録にも書かれているように黄金の国JAPAN。
金〜金なんとゴージャスな響き、実は私、金(^O^)大好き、
以前鹿児島のA鉱山やH鉱山に(押しかけ、ごり押し、札束採集)行った折
余り良い結果がなかったのでK市の観光鉱山で見つけたA鉱山の金鉱石
(1個うん万円(*_*))やけくそで買ったのが大失敗。切れども切れも金は出ず高い物になりました。
北海道K鉱山電話で伺いたいとお願いしたが、先週福岡から来たが、追い返したと
けんもほろろのご挨拶(翌日、余市の大江鉱山でハンマー振りすぎ、ぎっくり腰(-_-;))
金といえば、佐渡。行きました行きました濁川の浜石と笹川の砂金
どちらも一応トライはしましたが、元来の無精もの根気が続かず札束採集に変更、
有りましたとある売店の店先に銀黒(良品)発見早速値段を聞くと、
店主いわく、此全部金とのたまう、
恐れおののき退散いやはや参った参った。
参った所で次号に続く<(_ _)>

金(強者)

金は母岩に付いた物を山金、分離した物を砂金と呼びます。
山金は肉眼で見つけるのは至難の業、でも砂金は違います。
オーストラリアでは落ちていたとしてもとても持てない様な
78kgのナゲット(砂金の大きな物)が採取されています。
黄金の国JAPANではいろんな川(京都の鴨川でも)から採取することができます。
そしてこの砂金をこよなく愛する人物名前をK氏。
仕事柄出張が多々あるようで、その時などはパン(砂金をすくう道具)を小脇に抱えいざ出陣、
川から川へ、夏は暑さやヤブ蚊と戦い、冬は凍える指先を物ともせず、ただひたすらパンをブンまわす。
観光鉱山の砂金すくいについて 、彼いわく、
普通の人で2〜3粒良い人でも10粒まで、でも私がすくえば30分一本勝負で最高150粒 (^_^)v
皆様もお試しあれ、彼のすごさが実感できますよ。
K氏からのアドバイス
月曜日に行くべし。準備する物、 爪楊枝・ピンセット・スポイド
日曜日は入場者が多いので砂金の量も多いとの事で(のこり福をねらう)
独り言
実際はそう簡単に普通の川で砂金を採取することはできません。
サイズが小さいく(砂金は雪だるまと同じで小さい物がくっついて大きくなります)
1mm以下の砂金はめがね猿のごとき目でないと見つけられません。(@_@)
金は比重が重く川底付近まで掘り下げる必要がある為、非常に労力を要する。

黄鉄鉱に雪

白鉄鉱丸玉

これなんだか解りますか?新産鉱物??
黄鉄鉱は別名、偽金、阿呆物の金などと呼ばれますが、
その黄鉄鉱にだまされました。
買ってまだ2ヶ月早すぎるその変化。なぜこのように変化したかといいますと、
その原因は白鉄鉱が空気中の水分と反応してできた硫酸分です。
その為いずれ分解してボロボロになりますので
湿度が高い日本では白鉄鉱を含む鉱物の保管は難しい。
皆様もご注意。ご注意

黄鉄鉱は人気もの白鉄鉱は(う〜)
でも黄鉄鉱と白鉄鉱とは同じ化学成分、でも配列が違うのと
色合いが名前の通り黄と白(白鉄鉱は黄色が薄い)
でもどちらもすばらしい鉱物です。

皆様もお一ついかがですか(科学実験もできますよ)
在庫はたっぷりあります、ぜひ当店で御購入を

ミルキークオーツ

ミルキークオーツ

一般的にミルキークオーツと呼ばれている
水晶は生成時ゲル状の物が固まった水晶の事を指しますが、
今回販売したミルキー水晶はスパイラルが現れています。
私の考えではこの様な現象は現れないはずだったんですが???
どちらかといえば蛋白石(オパール)に近い物かなと思っておりました。
勉強不足のため解りません。
皆様教えてください
メールお待ち申し上げます。^^;

煮る・焼・蒸す(トリートメント)

題名から考えるとまるでお料理の講習会のようですが
でも違います。当店は石屋そのようなおいしいお話ではありません。

皆様もご存じだと思いますが、ブラジル産のカラフルなメノウの色
焼いて茶色・漬けて赤色・紫色・緑色。

腐りかけかどうかわかりませんがナマのラピス焼いてグレードアップ。

トパーズ今の時勢に合わすため 炉心で蒸して(照射して)
青・緑・ランダムカラー(スカイブルートパーズ・スイスブルートパーズ・ロンドンブルートパーズ等)に早変わり。


ルビーも焼いてお色直し、サファイヤは色が濃すぎると脱色。

あ〜なんと夢のない話。 (>_<) 面白味に欠けますので本日はここまで

隕石の類似品

スウェーデン・ムルニオナルスタとナミビア・ギベオン

ギベオンはウィドマンシュテイン構造が非常に美しい隕石ですが、これと同じような構造を持つ隕石
(スウェーデン・ノルボッテンで発見された)ムルニオナルスタがあります。

どちらもウィドマンシュテイン構造と呼ばれる網目状の模様がきれいで、宇宙では同じものかも。
故に、加工製品にすると判別は難しいと思われます。
外観はギベオンがゴツゴツ下感じで、ムルニオナルスタはコロンとした感じと思われます。
値段はブランド品のギベオンが高く、発見総量も断然多い。
隕石価格としては少し不思議な価格です。

追加、

今、ヤフーオークションで見かける中国産隕石。値段は格安、
でもその分、鉄質隕石としては目方が軽い(成分が問題かも)
???の隕石かも

スギライト

新産鉱物として、日本で最初に発見された鉱物で日本名杉石です。
不透明ですが紫色が美しく、とても魅力的で高価な鉱物です。
初めてこの石を見たときは大きな母岩にシミのようにへばりついた鉱物で、

今売られている様な物とは雲泥の差とても綺麗とは思いませんでした。


でも綺麗なものにはとの例え???
製法と原料は良くわかりませんが、練りの物ができているそうです。
夢売り人でいたいのに ア〜感嘆詞・感嘆詞 !!! !!! !!!