カートをみる ご利用案内 お問い合せ 御要望と御意見 サイトマップ
RSS

 魅力あふれる水晶や鉱物の世界からパワーストーンに至るまで 
 様々な情報とOnly-Oneの世界を貴方にお届けいたします

平岩鉱山

 女性や子供に圧倒的な人気がある鉱物はあざやかな色合いのものが多い。
なかでも 蛍石はベスト3に入るもので、イリノイ産の八面体結晶などは人気が高い。
小粒の蛍石であれば全国津々浦々で採集は可能であるが、ある程度の大きさと色合い は
岐阜県関市上保村平岩の平岩鉱山がベスト産地といえる。

今回は平岩鉱山の蛍石の現状についてスポットをあててみる。

 

平岩鉱山は我が国では珍しく戦後に開発された鉱山で昭和23年から採掘が始まり、
昭 和36年には最盛期を向え年間数千トンの蛍石を搬出したと記録されている。
当時は 全国生産の60パーセントを占めていたが、生産量の減少から昭和48年に閉山すること となった。
蛍石は鉄の精錬時に混ぜると鉄の融点が下がる、つまり低い温度で鉄が溶 けるのだから
コストを下げることができる利点を持つ。鉱物としては希少なものでは なく普通種といえよう。
現在は中国など海外から輸入しているが、蛍石の単体ではな 粉状であるという。
この方が輸送船に多く積むことができるのだという。


平岩鉱山は関市にある。以前は武儀郡であったが、平成の大合併で関市に編入され た。
平岩東小学校の前から津保川を渡るコンクリート橋を渡って
(この付近の人は親切な人が多いので、分かりにくかった場合は教えていただくとよい)、
左側の道を1 キ ロメートルほど上がると、小川の向こう岸にある山の斜面にズリが見える。
小川を 渡り、ズリに取り付くと表面を丹念に見るだけで
緑色や透明あるいは紫色の蛍石を拾 うことができる。
木々の根元や人が見ていない林の中を少し掘るのも有効で、
数セン チ の大きさながら様々な蛍石を得ることができる。
このズリの先の斜面には
大岩のズ リ があり、この岩を割って蛍石を出すという手もある。
割った断面にある蛍石は新鮮 で 色合いもいっそう強い。
中には玉髄と蛍石が何層にもなっているものもあり、磨く と とてもきれいだ。
蛍石も緑色、白色、紫色など何色もがひとつに並んでいることも あ る。
もうひとつ、平岩の蛍石の特徴は白い葉片状の石英の隙間に
小粒ながら紫色 (黄 色や青色あるいはピンク色もある)の
自形結晶がついていることがあることで、白 い 石英に紫色の蛍石はコントラストもよく、
アマチュア鉱物採集家にはたまらない。
ま た平岩の色つきの蛍石はミネラライトの長波で青く蛍光するのも楽しいものだ。
ズリの先には稼行時の平たい道(現在は木々が茂ってかがまねば進めない)があり、
反 転するように山道が付いている。
昔はこの道を用いて鉱石を下ろしたのだろう。
昨 秋 の台風で大きな杉の木が何本も倒れているが、この先にもズリや坑口がある。
とにかく大きなズリなので、半日も探索すれば十分な量の蛍石を得ることが可能と 思われれる。 

  三太